プリンターのインクは大事にしよう

自宅や会社にプリンターがあれば必ずインクもあり、インクは1個につきとても高いです。特にカラーは高くてメーカーにもよりますが4色で5000円は超えて、黒でも1個につき2000円はします。そこでインクの節約について話します。プリンターには節約できる機能がついていて残量が少なくなるとコピーが止まり、「節約するかこのまま作業を続けるか」を機械の画面に表示されます。最近の機械にはその機能がついていて会社では経費の削減に役立っています。ただ、欠点もあり残量が少なくなった時に、カラーの場合は節約の機能を選択すると原本とコピーの色が多少異なってしまうという欠点があります。これらの欠点をなくすには、無駄なコピーは取らないのはもちろんのこと会議で使う場合は参加者全員が少ないコピーで見られるように工夫することが必要です。

プリンターで出た使用済みインクのリサイクル

プリンターで使い切ったインクカートリッジは販売店のリサイクルボックスに入れていますでしょうか。リサイクルボックスに入れることで環境の保護につながり、製造元は使用済みカートリッジを使って新たにインクを詰めなおして店頭に販売するというリサイクルをしていて価格も安くて経済的です。もし、そのまま家庭ゴミに捨てているのならば環境を破壊していて資源を無駄にしていることになります。世界では様々な所で資源不足が起こっていて、特に石油があと約40年後に完全になくなると言われています。インクカートリッジはプラスチックでできていて、プラスチックの原料も石油からできています。そのプラスチックをドブに捨てていることになり、石油もドブに捨てていることになります。今からでも環境と資源のために家庭ゴミで捨てるのはやめて販売店のリサイクルボックスに捨てましょう。

プリンターのインクを購入する

プリンターを激安で購入をしても消耗品のインクは高額になってしまうことがあります。消耗品がリーズナブルであったほうが利用もしやすくなります。プリンター本体を購入する場合には、まず消耗品の価格も比較検討しておくとよいです。そうすることによってコストも抑えることが出来るようになります。最近ではインターネットでも消耗品の価格をチェックすることが出来るようになっていますし、自分が使いやすいものを見つけることも出来るでしょう。どういうものであれば、手ごろな価格で購入をすることが出来るのか、比較検討することは大切です。オンラインサイトによっては、定期購入をすることが出来るようになっているところもあるので、頻繁に購入をする場合には定期購入も検討してみるとよいでしょう。性能も大事ですが、消耗品の選択も大事です。